堀尾 貞治

堀尾 貞治 SADAHARU HORIO

1985年頃から「あたりまえのこと」という一貫したテーマのもと、国内外で年間約100回に及ぶ個展、グループ展、パフォーマンスを行う。
アートアイランズ TOKYOには、第1回・第3回と参加。。

1939
神戸市に生まれる
1996
具体美術協会会員となり、1972年解散まで参加
2002
堀尾貞治あたりまえのこと/芦屋市立美術博物館
2005
横浜トリエンナーレ(堀尾貞治+現場芸術集団「空気」)連続82日のパフォーマンス
2009
In Finitum Palazzo Fortuny, Venic/イタリア・ヴェネツィア
2011
波浮港現代美術展(アートアイランズ TOKYO 2011 第1回)
2013
GUTAI: "Splendid Playground" オープニングパフォ-マンス グッゲンハイム美術館/ニューヨーク
「タピエス 美術家の視点」フォルトウニー美術館/ヴェネツィア・イタリア
2014
「堀尾貞治 あたりまえのこと(今)」展 BBプラザ/神戸
リール市立現代アートスペース(Espace le Carre)
「Sadaharu Horio - atarimae-no-koto」展 Korsbarsgarden/スウエーデン
2016
アート・ブラッセル パフォーマンス Axel Vervoordt Gallery/ブラッセル・ベルギー
2017
「福島からの手紙」アートスペース月光醤油/福島
「あたりまえのこと」四角連動/伊計ビーチ
堀尾貞治+現場芸術集団「空気」/沖縄県うるま市
東アジア文化都市2017京都アジア回廊現代美術展/二条城・京都芸術センター
2018
「存在には理由はない」ギャラリーあしやシューレ/芦屋市
芦屋神社芸術祭 堀尾貞治&劉 長煒
堀尾貞治展 Axel Vervoordt Gallery/アントワープ・ベルギー、香港
11月 逝去
Art Islands TOKYO 2011:「あたりまえのこと」(白い四角い空気)とパフォーマンス

 

TOP / HOME