宮内 理

宮内 理 AYA MIYAUCHI

アートをコミュニケーションのツールとして取り上げることで、誰もが楽しめる場所や環境を作り出すことを目的に活動している。特に、子どもたちや学生世代にとって、感情や情緒、創造的な個性を磨き、心の豊かさを育むような情操教育としてのアートの可能性を模索している。
動物園、博物館、廃校の校舎など、大人も子どもも訪れるコミュニティベースの公共施設を中心に「子どもたちがワクワクするものは、大人もワクワクするはず」というコンセプトのもと、展覧会やワークショップ、イベントの企画、主に参加型の作品制作、発表を行なう。2015年10月、アート関連イベントの企画団体「ジャーナニヤルアート企画」を発足。代表を務める。
Taking fine arts as a tool for communication, Aya is creating places and environments for everybody to enjoy, especially is seeking the possibility of fine arts as an education to cultivate aesthetic sensibility for children and students.
Under the concept “Things excite children, excite adults as well,” She has been holding exhibitions, curating events and giving presentations where participants actively join handcrafting art products, in community-based local places such as zoo, museum and abolished school in which children and adults visit.
She has founded an art-related event producing organization “Journaniyal Art” in October 2015 as the representative.

website
主な経歴・活動
2017
「中之条ビエンナーレ2017」/旧伊参小学校(群馬県吾妻郡中之条町)
2016
「じゃー!プロジェクト/こおりやまアーティスト・イン・レジデンス」主催/安積歴史博物館(福島県郡山市安積町)
「アートアイランズTOKYO2016 国際現代美術展」/旧波浮小学校(伊豆大島)
2015
「ジャーナニヤルアート企画」発足
「南木曽アーティスト・イン・レジデンス/NAIR」/旧妻籠小学校(長野県木曽郡南木曽町)
2010
「Emotional Coffee」(個展)/クラインブルー (神保町)
2009
「えっぽい」(3人展)/トキ アート スペース (青山)
2008
「埼玉県こども動物自然公園 中央ステージ壁画制作及びメインロゴマーク作成
「縄文ピュア」/飛ノ台史跡博物館(船橋)プロジェクト参加
 
2006
多摩美術大学優秀学生 福沢一郎賞 /福沢一郎記念美術財団
 
2008
多摩美術大学大学院 美術研究科修了
2006
多摩美術大学 美術学部 絵画学科 油画専攻卒業

 

TOP / HOME